水溶性珪素濃縮液と言えばUmo(ウモ)シリーズが標準的です。

今では、様々な商品が発売されていますが、日本珪素医学学会で推奨している

Umoは、ウモプラス・ハイパーウモ・ウモグリーンなど各社呼び方が違います。

わたしはダイエット目的でケイ素を飲み始めましたが、選んだのハイパーウモでした。

選んだ理由は特にないのですが、成分を比較してみるとど同じ配合だったからです。

つまり、どれを選んでも効果に差はないと考えたらからです。

飲み方は、シンプルに飲み物に数滴たらして飲む方法です。

朝起きたら、ミネラルウォーターに10滴入れて水分を補給!

さらに朝食は、リンゴ・人参・トマト・レタスなどをスムージーにして飲みますが、

ここに水溶性ケイ素を10滴と亜麻仁油を小さじ1杯入れて飲む方法を行っています。

さらに仕事中に飲むコーヒーや日本茶、食事と一緒に飲むミネラルウォーターなど

すべての飲み物に10滴の珪素をまぜて、飲むようにしています。

気になる結果ですが、ケイ素を飲み始めて1ヶ月で痩せたのは、1.1kgでした。

いや~最初は、もっと痩せると思っていたので、ちょっとガッカリもしましたが

よくよく考えてみると、食事制限や特別な運動など一切やっていません。

それで。痩せたのですから、凄いことじゃないでしょうか?

それよりも驚いたのは、肌や髪の毛が生き生きしてきた気がします。

これも気がするという程度の変化なのですが、普通にコンディショナーや化粧品を変えても

確かな変化を感じることは少ないことに比べると、効果がでているように思えます。

今までの私は、外部からのものしか経験がなく、ケイ素のように内面からダイエットという

コンセプトは目新しいものでした。もちろん最初は半信半疑でした。

しかし、1ヶ月を過ぎてみて、もしかしたら健康に痩せられるような気がしてきました。

ちなみに珪素は、体の中で細胞壁を作る役割をになっていますが、同時に血液中の

中性脂肪や余分なコレステロールをデトックスする作用も認められています。

さらに体の中に蓄積した有害物質や重金属類を体外に排出する作用もあります。

健康を害する要素を少しづつですが、除外するため、自然と本来の適正体重になる

というのがケイ素のダイエット効果だと思います。