ケイ素は美容や健康に欠かせないミネラルとして健康食品や医療分野で活用されています。あくまでもミネラル成分ですから、水溶性ケイ素に効果や効能のような表示はありません。でもケイ素は不思議な力を秘めており『奇跡を起こす珪素の力』や『難病を克服する珪素の力』という書籍が出版されるほど効果が期待されています。

では水溶性ケイ素には、どんな効果が期待できるのでしょうか?

例えば、カルシウムは『骨のミネラル』と言われ骨を形成するために必要な成分です。しかしカルシウムに効果や効能が表示されていません。カルシウムが不足すると骨が脆くなりますが、カルシウムを摂取すれば弱った骨を強くする効果や効能を感じます。

同様にケイ素は『コラーゲンのミネラル』と言われ、身体のコラーゲンが関わっている部分の形成に必要な栄養素です。ケイ素が不足するとコラーゲンの生成が正常に行われないので様々な症状が現れます。つまりケイ素の効果とは、ケイ素不足による不調や症状を改善するものです。たたカルシウムは骨や歯など特定の部分に関わっていますが、ケイ素の場合は、臓器・器官・血管・骨・筋肉・皮膚・肌・髪など、あらゆる部分に関係しています。

そのためケイ素の効果は多岐に渡ります。あくまでもケイ素不足による不調や肌のハリや潤いなど老化現象を改善するものです。 しかし、血管ははじめ、リンパ節などの不調は重大な病気や健康を害する原因になります。血行不良を改善すると様々な症状が改善できるとも言われています。 ここでは、ケイ素不足により起きる不調や症状とそれを改善するケイ素の効果を徹底解説したいと思います。

ケイ素の効果の事例

ケイ素の効果を具体的に事例で紹介します。加齢による珪素不足や生活習慣による珪素不足で起きる不調や症状にはケイ素が効果的と分かると思います。